ガジェット

【スプレッドシート】テキストを自動で翻訳する「GOOGLETRANSLATE」関数

投稿日:

今日はGOOGLETRANSLATE関数の使い方と現場での活用方法について解説をしていきたいと思います。資料を英語版にしたいとき(あくまでも簡易的ですが)そんなときに役立つ関数です。英語以外にも様々な言語に翻訳可能なので、資料を読解する場合にも使えるので便利です。

※ この関数はGoogleスプレッドシートでのみ有効でExcelでは使用できないのでご注意ください。

GOOGLETRANSLATE関数の使い方

まずは公式から見ていきます。

という形になります。例えば「愛しています」という文言を英語に翻訳したいという場合には下のようにします。

「翻訳したい文言」にはセルでの指定ももちろん可能で、A1に入っているテキストを翻訳するという場合は、

こうなります。

言語の指定方法は代表的なところでいくと、英語(en)、日本語(ja)、中国語(zh-CN)、タイ語(th)、韓国語(ko)、台湾語(zh-TW)などがあります。

関数は非常にシンプルなので簡単に使うことができます。

GOOGLETRANSLATE関数を現場でどう活用するか?

まずは日本語の資料の英語化。他国籍のチームで仕事をすることが増え、既存の資料を英語版にする必要が出てくるケースは増えてくるかと思います。Google翻訳では100%正確な翻訳ではないけれど、まずスピード優先で大まかな資料の内容を伝えていきたいというときには、その資料をスプレッドシート化してGOOGLETRANSLATE関数を使って一気に訳していくというのが良いかと思います。もちろん英語版だけでなく他言語版も簡単です。

後はWEBサイトの他言語対応のテキスト作成時にも役立ちます。外部の翻訳サービスを使う場合は特に不要ですが、内部でなんとかしなければいけないときは、Google翻訳の内容を見ながら細かい修正を加えていくなんて使い方も可能です。1個1個調べていくのに比べたら遥かに効率的です。

他には読解ですね。英語がめちゃくちゃ苦手なんです。という方で英語の資料やメールを読む必要がある場合には、スプレッドシートに打ち込んで一括翻訳をかけていくとよいかと思います。

これから英語でのコミュニケーションのニーズはどんどん増えていくと思います。英語の修得はやったらいいと思うのですが、修得していないと他国籍の方を仕事ができないは嘘なので上手いことハックして英語を修得するまでの過渡期を乗り越えていきましょう。

Googleアプリを仕事で使うなら「G Suite」がおすすめ

ポイント

  • 「@gmail.com」ではなく独自のドメインを使用できる
  • Googleドライブ内のファイルをチーム内で共有するのが簡単
  • カレンダーでのスケジュール共有が簡単
  • 30GBの保存領域が利用可能
  • ユーザー管理やセキュリティー対策も簡単に設定可能

など大切な情報を管理するためのサービスが充実しています。これだけの機能が月680円で利用が可能。14日間の無料トライアルもあって安心してトライできます。さらに今なら12ヵ月間ずっと20% OFFのクーポンを利用可能です。ぜひご活用ください。

G Suite Basic プラン用クーポン【637M3P6GYFACVQL】
G Suite Business プラン用クーポン【M6RFUAM9R7NQWYH】

-ガジェット
-,

Copyright© STRESS HACK , 2019 All Rights Reserved.