ガジェット

【スプレッドシート】Webサイトの表やリストの中身を一瞬で表示する「IMPORTHTML」関数

投稿日:

今日はWebページ内のtableやul部分の内容を一瞬で取得するスプレッドシートの"超"便利関数について見ていきたいと思います。これは覚えるのはとても簡単で、しかもめっっっっっちゃくちゃ便利なので絶対に覚えて置くのがよいです。もうWebサイトからデータをこつこつコピペしていく作業から開放されていきます。

※ この関数はGoogleスプレッドシートでのみ有効でExcelでは使用できないのでご注意ください。

IMPORTHTML関数の使い方

今回はまず下の数式をスプレッドシートのセルにいれてみてください。まずはこの関数の便利さを知っていただきたいです。

入力いただけましたか?日本の都市のリストがばーっと表示されたんじゃないかと思います。これはウィキペディアの日本の都市一覧ページの都市一覧が表になっている部分を取得しています。

都市マスタなどを作るときにはこれをやれば一瞬で完了します。便利ですよね。

では関数についての説明を加えていきたいと思います。まず公式は以下です。

「URL」はそのままWebページのURLです。ただし注意なのはこの関数はページ内のtableタグかulタグの中身しか取れないのでそれらのタグがあることを確認してください。調べ方は簡単で、調べたいWebページの空白のところを右クリックして「ページのソースを表示」をクリック。HTMLのソースが表示されるので「IMPORTHTML関数の現場での活用方法

Webサイトの運用をやっている方であれば、競合サイトなどの定点観測の元データの収集を効率化することもできますし、リサーチ業務をしている方であればWebメディアに掲載されているデータを整形していくのに役立ちます。

サイト制作のディレクターであれば各種マスタデータを決める時にウィキペディアや競合サイトのデータをまとめて取得し、比較・検討する元のデータに使えたりします。またGASを使う人であればスクレイピングの代わりに使っても便利です。

普通ならコピペでやったり、ページをコピーして正規表現などで必要部分を抜き出したりするところですがIMPORTHTML関数を使えば一瞬でほしいデータが扱いやすい形で手に入るので最高です。

ぜひ覚えて活用していきましょう。

Googleアプリを仕事で使うなら「G Suite」がおすすめ

ポイント

  • 「@gmail.com」ではなく独自のドメインを使用できる
  • Googleドライブ内のファイルをチーム内で共有するのが簡単
  • カレンダーでのスケジュール共有が簡単
  • 30GBの保存領域が利用可能
  • ユーザー管理やセキュリティー対策も簡単に設定可能

など大切な情報を管理するためのサービスが充実しています。これだけの機能が月680円で利用が可能。14日間の無料トライアルもあって安心してトライできます。さらに今なら12ヵ月間ずっと20% OFFのクーポンを利用可能です。ぜひご活用ください。

G Suite Basic プラン用クーポン【637M3P6GYFACVQL】
G Suite Business プラン用クーポン【M6RFUAM9R7NQWYH】

-ガジェット
-,

Copyright© STRESS HACK , 2019 All Rights Reserved.