ガジェット

Google先生が「Google Home」タダでくれたからめっちゃ媚びてみる

投稿日:2019年6月28日 更新日:

今日朝起きてメールチェックをしていると、Google様から1通のメールが。Google様からのメールはサチコのカバレッジエラーなどあんまり嬉しいメールは来ませんが、今日のは「Google Home Miniをタダであげるよ」というもの。

どうやらGoogle One(Googleの個人用有料版)のユーザー向けに無料プレゼントするよということのようです(詳細な配布条件は不明)。

ちなみに下のようなメールが来ました。

会員特典として無料で「Google Home Mini」を配布するようです。個人的にはあまり音声入力のガジェットは好きではなく、フリックやキーボード叩いたほうが早くない?派だったのですが、Google先生がくれるっていうなら活用してみたいと思います。

まだ「Google Home Mini」が手元にないので、今日は今回の特典の元である「Google One」を褒めちぎっていきます。

個人向け最強ツール「Google One」

Googleアプリは無料で使うことができるのですが、データ保存領域の上限は設けられており15GBです。個人でGmailやGoogleドライブをフルに使っていると数年くらいで上限に達してしまう制限ですかね。

お金を払うと保存容量を増やすことができるのですが、これが格安。年額2,500円で100GBまで拡張可能です。これだけあれば当面容量に困ることはないですね。競合するマイクロソフト社の「Office 365 Personal」との比較は以下です。

【公式サイト】
Google One
Office 365 Personal

プラン 容量 1ユーザー月額(年間契約時)
Google One(無料版) 15GB 0円
Google One(最安プラン) 100GB 2,500円
One Drive(無料版) 5GB 0円
One Drive(最安プラン) 50GB 2,988円

価格は安いのに使用できる容量は2倍とコスパでは圧倒的に「Google One」が優勢。グループウェアでの比較では一長一短だったのですが、個人向けツールでは「Google One」一択です。

(参考)【2019年最新】G SuiteとOffice 365徹底比較【G Suite料金値上げ後】

しかもこのブログで書いているようにGASなどで人間が働くことなく、Googleアプリたちを動かすことが非常に用意にできるので尚更おすすめ。もう仕事だけではなく個人の私生活においてもどんどんRPA化をしていける環境になっています。

安さだけじゃない!特典が豊富

というか、私はGoogle Oneは3年くらい使っていますが、たまにGoogle Playのクレジットが1,000円弱配布されたり、今回みたいなギフトがあったりするので、実質タダでGoogle Oneが使えていることになります。

まあ、これで音声入力のデータ収集も強化してって話はそうなんでしょうが、Googleみたいにめちゃくちゃ高度な機能をサルでもわかるようなUIまで落とし込んでくれている企業はないのでこれからもバンバンGoogle先生のデータ収集に協力していこうと思います。

「Google One」は最強。

-ガジェット
-

Copyright© STRESS HACK , 2019 All Rights Reserved.