ガジェット

【スプレッドシート】CSVファイルの中身を表示する「IMPORTDATA」関数

投稿日:

別ファイルのCSVデータを使ってデータ集計をしたいみたいなケースがたまに発生するかと思います。今日はスプレッドシートでその業務を正確かつ高精度に保つために役立つスプレッドシート関数について見ていきたいと思います。

※ この関数はGoogleスプレッドシートでのみ有効でExcelでは使用できないのでご注意ください。

IMPORTDATA関数の使い方

名前はちょっと難しそうですが、使い方はめちゃくちゃ簡単。公式は以下の通りです。

これを実行すると、指定したCSVファイルの中身がスプレッドシートにそのまま表示されます。

IMPORTDATA関数を実務で使うポイント

外部のCSVデータが表示できてそれで?という感じですが状況によってはめちゃくちゃ便利です。

例えば、Webサイトのローデータを毎日分析する必要がある場合、普通にやるとCSVデータをダウンロードして中身を開き、全データをコピーしてスプレッドシートの所定のシートに貼り付ける。なんて工程が必要になります。がIMPORTDATA関数を使えば、所定の場所にCSVを更新するようにしておくだけで自動的にスプレッドシートのデータも更新されます。

工数を削減するだけでなく、コピペミスなどを防止できて、常に正しいデータ分析結果を得ることが可能です。

特にHEROKUで運用しているサービスであればデータクリップという機能でDB内のデータをCSV化してWEB上に保存しておくことがとても簡単なのでエンジニアでなくても簡単に本番データの内容にアクセスが可能です。

今日はちょっとWEB系サービスの運用によった説明でしたが、様々な用途で使える便利な関数かと思います。しっかり覚えていきましょう。

Googleアプリを仕事で使うなら「G Suite」がおすすめ

ポイント

  • 「@gmail.com」ではなく独自のドメインを使用できる
  • Googleドライブ内のファイルをチーム内で共有するのが簡単
  • カレンダーでのスケジュール共有が簡単
  • 30GBの保存領域が利用可能
  • ユーザー管理やセキュリティー対策も簡単に設定可能

など大切な情報を管理するためのサービスが充実しています。これだけの機能が月680円で利用が可能。14日間の無料トライアルもあって安心してトライできます。さらに今なら12ヵ月間ずっと20% OFFのクーポンを利用可能です。ぜひご活用ください。

G Suite Basic プラン用クーポン【637M3P6GYFACVQL】
G Suite Business プラン用クーポン【M6RFUAM9R7NQWYH】

-ガジェット
-,

Copyright© STRESS HACK , 2019 All Rights Reserved.