ガジェット 海外生活

【バンコク移住】日系の不動産会社を使うと毎月1万円以上、家賃損する【実体験】

投稿日:

海外に移住をするときに真っ先に必要に迫られるのが現地での住宅の手配。日本人が比較的多い都市では、日系の不動産会社がコンドミニアム(日本で言う高層マンション)を仲介してくれるのですが、これを盲目的に信頼してコンドミニアムを契約すると、毎月1万円(高いところだともっと)家賃が上乗せされるという実態があります。今日は実体験も含めてバンコクでのコンドミニアムの探し方について紹介していきたいと思います。

仲介手数料ゼロの罠

バンコクでは大体どこの不動産仲介会社を使っても物件の仲介手数料というのはありません。すごく得をした気分になるのですが実態は、毎月の家賃の支払いの中に不動産仲介会社へのフィーががっつり含まれています。この明細に出てこない料金で損をすることがあります。

基本的には日系の不動産仲介会社はコストの高い日本人や日本語を話すタイ人を雇用しているので、人件費が高くかつビジネスが労働集約型なので、人件費のコストインパクトが大きいです。なのでそのコスト高を日本人の何も考えないお客から上乗せでもらうことでカバーしようとしています。

このフィーの部分がタイ現地企業のエージェントの方が圧倒的に安いので、毎月の家賃の提示額がかなり安くつきます。

実際の体験談ですが、同じコンドミニアムの同じタイプの部屋で、日系の不動産会社が提示した料金が34,000THBだったのに対し、タイ系のエージェントの場合は28,000THBでの提示でした。差額なんと【6,000THB】。日本円に換算すると約2万円。約2万円です。バンコクならお昼ごはん100食分。しかもこれが毎月なので年間で24万円です。

日系不動産仲介のメリットは?

こう書くと、日系不動産仲介は悪質みたいに見えますが、もちろんメリットはあります。「日本語で対応してもらえること」その1点です。物件の内覧もすべて日本人のスタッフが対応してくれます。英語が苦手でコミュニケーションが全くできないという方であれば使う意味はあるかもしれません。

しかし、本当にそれだけで、契約書面はオーナーとの締結なので基本は英語。日系企業にとってタイはアウェーなのでタイ人オーナーとの交渉力も弱いので、結構オーナーの要望もりもりの契約内容になったりします。

私は一度だけ日系企業にお願いしましたが、退去時のオーナーの無茶に仲介会社は全く交渉してくれず、結局自分で英語で交渉しました。ほとんど存在価値ゼロでした。

年間24万円払っても、英語で交渉したくないっす。という方は利用するのがいいんじゃないかと思います。

タイ人エージェントの探し方

ではどうやってタイ人エージェントを探すのか、という話ですが、タイにもSUMOのようなサイトがあって、それが「DDProperty」というサイト。場所や家賃などの条件を設定して物件を検索できます。

このサイトで興味のある物件を見つけて問い合わせをすると、担当するタイ人エージェントに繋がります。LINEやSMSでやり取りをすることになりますが、問い合わせの物件以外にも希望を伝えると複数紹介をしてくれます。コツは想定している予算よりも少なめにリクエストして探してもらうのが良いです。そうすると少し予算オーバー気味の物件も紹介してくるのでそれがニーズど真ん中だったりします。

海外で好みの住居を探すのは結構骨が折れるかと思いますが、英語を使って交渉するいい機会と捉えてやってみるとよいのではないでしょうか。

海外にちょっと出てみるなら航空券と格安ホテルを使おう

アジアを体験してみるならたったの数万円でOK。時間がない方も1泊2日とかで全然いけるので興味のある国にはぜひ一度訪れてみてください。ちなみにバンコクであれば安い時期ならフライト3万円+ホテル1泊3,000円とかでいけます。

東京から大阪に遊びにいくよりも安いかもしれません。

格安航空券を探すなら

スカイチケット

スカイチケットは予約まで日本語のみでできるのでとても簡単。Peachなどの日系格安航空会社なども掲載されているので、外資系のチケット検索サイトでは探せない格安航空券が見つかるチャンスがありおすすめです。Wifiなど海外旅行に欠かせないサービスも取り扱っているので便利です。

格安ホテルを探すなら

ホテル料金比較『トリバゴ』

CMでもよく見かけるトリバゴです。複数サイトから比較できるので価格の比較がしやすくて便利。初めて訪問する国の場合は相場感も分かりづらいと思うのでトリバゴで一度検索して選択肢を洗い出すのがおすすめです。

Booking.com

私がよく使っていておすすめなのはBooking.com。大体においてサービスと価格で最安値が探せますし、予約後に現地までの行き方やこれをタクシーの運転手に見せればOKですよというページまで用意してくれるので海外旅行時にはとても便利。会員登録すれば毎回簡単に予約が可能なので重宝しています。

-ガジェット, 海外生活
-

Copyright© STRESS HACK , 2019 All Rights Reserved.